第2回佐賀県実行委員会を開催、大会イメージソングの披露を行いました

平成30年5月31日(木曜日)、佐賀市のグランデはがくれフラワーホールを会場に、第43回全国高等学校総合文化祭 第2回佐賀県実行委員会を開催しました。県内各地より委員の皆さまにご参加いただきました。
議事では、平成29年度の事業報告や収支決算、開催要綱の一部改正、平成30年度事業計画、収支予算が審議され、了承されました。

会場には、生徒実行委員をはじめとした県内高校生のこの一年間の活動の様子を写真パネルで展示、また5月のゴールデンウィークに実施した大会イメージソングのレコーディングの様子も映像と併せて紹介しました。さらに今年4月から始まった佐賀新聞との連携企画記事や、各種広報物も展示しました。

司会進行は昨年に引き続き放送部門の高校生に担当していただきました。
今年は、東明館高等学校放送部の井上さんと河野さんのお二人、さわやかな司会進行ぶりでした。

文化部の活動発表は2つの音楽系部門から、まずは日本音楽部門です。
鳥栖商業高等学校、佐賀女子高等学校、有田工業高等学校の合同による箏の演奏でした。
2018信州総文祭で演奏する「上昇の彼方」を披露してくれました。

十七弦も編成に入る合奏で、重厚な調べが会場を包みました。

演奏後は信州総文祭への意気込みを元気に話してくれました。

続いて合唱部門です。鳥栖高等学校、佐賀西高等学校、三養基高等学校、小城高等学校、致遠館高等学校、牛津高等学校、佐賀北高等学校、白石高等学校、8校・約40名の合同合唱団による合唱です。
まず2018信州総文祭で歌う「For the Beauty of the Earth」柔らかなハーモニーが会場に響きました。

そしていよいよ大会イメージソング「Fly」のお披露目です。
女声三部合唱による爽やかで力強い歌声が会場中に響き渡ります。

 

「若々しい、いい曲だ」「感動した」多くのお褒めのコメントを頂戴しました。

最後に、生徒実行委員会委員長の吉村安莉さん(佐賀清和高等学校3年)から生徒実行委員会の活動報告がありました。
「これからも引き続きお力添えをよろしくお願いいたします」と結び、会場からはあたたかい拍手がわきました。

「2019さが総文」開催まで400日あまりとなりました。
8月3日には国際交流コンサート、プレ大会パレードが行われ、10月14日にはプレ大会総合開会式が開催されます。
各部門のプレ大会も早いものは7月から行われます。
いよいよ本格的に大会の開催準備が進んでいきます。これからもよろしくお願いいたします。

問い合わせ

第43回全国高等学校総合文化祭
佐賀県実行委員会事務局
(佐賀県教育庁学校教育課
全国高総文祭推進室内)


〒840-8570 佐賀市城内1丁目1番59号
電話:0952-25-7462
ファックス:0952-25-7067

ピックアップ

オフィシャルバナー

オフィシャルバナー

「2019 さが総文」へリンクいただける場合は、サイトポリシーをご覧のうえ、サイトポリシーの「2019 さが総文オフィシャルバナー一覧」をお使いください。

このページをシェアする!

googleplus
LINE

このページをシェアする!

このページをシェアする!

googleplus
LINE

MENU