第43回全国高等学校総合文化祭佐賀大会(2019さが総文)プレ大会【新聞部門】が開催されました。

 平成30年10月26日(金)・27日(土)に、第43回全国高等学校総合文化祭佐賀大会(2019さが総文)プレ大会【新聞部門】が佐賀市のメートプラザ佐賀で行われ、佐賀県内の9つの高校の生徒がそれぞれ10班に分かれて、有田町と唐津市を取材し、交流新聞を作成しました。

 

 開会式の様子

(開会式の様子)

 

 こちらは開会式で挨拶をしている新聞部門生徒実行委員長の加藤梨央奈さん(白石高等学校)です。加藤さんは「このプレ大会をすることで、いろいろと課題が見つかると思います。皆さんに、課題だと思うところをどんどん出してもらって、みんなで話し合って解決していき、本大会をより良いものにしていきましょう。」と挨拶を述べました。

実行委員長の挨拶のようす

(生徒実行委員長の挨拶)
 

 こちらは第20回佐賀県高等学校新聞コンクールで最優秀賞を受賞した有田工業高等学校定時制の池田紘奈子さんです。池田さんは「取材させて頂いた方々や、一緒に取材した仲間たちのお陰でこの新聞ができ、受賞することができました。皆さんに、感謝しています。」と受賞の挨拶を述べました。

池田紘奈子さんの受賞の挨拶のようす

(有田工業高等学校定時制の生徒の挨拶)
 

 開会式の後、有田コースと唐津コースに分かれ、取材に行きました。こちらは有田コースの取材の様子です。

有田コース 取材のようす
(泉山磁石場の取材の様子)
 

有田コース 取材のようす

(源右衛門窯の取材の様子)
 

 こちらは唐津コースの取材の様子です。

唐津コース 取材のようす

(曳山展示場での取材の様子)
 

唐津コース 取材のようす

(曳山展示場の様子)
 

 取材の翌日、27日に各班で取材した内容をまとめ、全ての班が交流新聞を完成させました。

交流新聞作成のようす

(交流新聞を制作している様子)
 

交流新聞作成のようす

(交流新聞を制作している様子)
 

 完成した有田コースの交流新聞の中の一つです。

有田コースの交流新聞

(有田コースの交流新聞)
 

 完成した唐津コースの交流新聞の中の一つです。

唐津コースの交流新聞

(唐津コースの交流新聞)
 

 完成させた交流新聞を持って、記念撮影をしました。

交流新聞を持っての記念撮影

(有田コースの交流新聞を制作した班の写真)
 

交流新聞を持っての記念撮影

(唐津コースのコースの交流新聞を制作した班の写真)
 

 交流新聞を完成させた後、生徒交流会が行われました。白石高等学校の生徒が佐賀に関するクイズを出題し、その答えを各班で考えて班長が答え、大変盛り上がりました。

生徒交流会でのクイズ大会のようす

(クイズを出題する白石高等学校の生徒)
 

生徒交流会でのクイズ大会のようす

(出題されたクイズ)
 

生徒交流会でのクイズ大会のようす

(クイズに答えている生徒の様子)
 

 今回のプレ大会は、来年の本大会に向けて、良い研修となりました。このプレ大会では様々な課題も見つかったので、佐賀県の新聞部員のみんなで話し合って解決していき、本大会につなげていきたいと思います。

ピックアップ

オフィシャルバナー

オフィシャルバナー

「2019 さが総文」へリンクいただける場合は、サイトポリシーをご覧のうえ、サイトポリシーの「2019 さが総文オフィシャルバナー一覧」をお使いください。

このページをシェアする!

googleplus
LINE

このページをシェアする!

このページをシェアする!

googleplus
LINE

MENU