佐賀県高文連第8回自然科学研究発表会が開催されました!

 2109さが総文自然科学部門出場をかけた、佐賀県高等学校文化連盟第8回自然科学研究発表会が 10月28日(日)に佐賀県立致遠館高等学校で開催されました。

 今回は22作品が出品され、出場したみなさんは今までの研究の成果を堂々と発表していました。研究のテーマがおもしろく、とても完成度が高い発表ばかりでした。

 すべての発表が終わった後、ポスターセッションを行いました。皆さん、研究で使った道具や模型、採取したサンプルなどを見せながら楽しそうに説明しており、和やかな雰囲気で進められていきました。

発表の様子

 その後、結果発表があり、最優秀賞1作品、優秀賞3作品が発表・表彰が行われました。
 上位入賞校は来年7月に開催される2019さが総文自然科学部門(全国大会)、および、来年2月に開催される平成30年度九州高等学校生徒理科研究発表大会(九州大会)へ推薦されました。上位大会でも佐賀県代表としてがんばってください!

研究発表の部

賞種 作 品 名 学校名
最優秀賞 ミジンコの複眼の変化を探る 鳥栖高校科学部
優秀賞 ペルチェ素子による海面温度差発電の提案 佐賀西高校サイエンス部
優秀賞 サクラの葉による発芽・成長抑制 致遠館高校科学部
優秀賞 アリアケスジシマドジョウの人口繁殖への挑戦 佐賀西高校サイエンス部

 ポスター(パネル)の部

ポスター部門

 全国大会は、来年7月27日(土)~29日(月)に、佐賀大学本庄キャンパスおよび、市村記念体育館で開催されます。

 2019さが総文生徒実行委員会自然科学部会では、活動の様子を「あさぎちゃんDiary~佐賀のSAGA~」として、機関紙を発行しています。今後も継続して大会を盛り上げていきますので、どうぞご期待ください!
【PDF版はこちら】

ピックアップ

オフィシャルバナー

オフィシャルバナー

「2019 さが総文」へリンクいただける場合は、サイトポリシーをご覧のうえ、サイトポリシーの「2019 さが総文オフィシャルバナー一覧」をお使いください。

このページをシェアする!

googleplus
LINE

このページをシェアする!

このページをシェアする!

googleplus
LINE

MENU