第11回生徒自然科学部会を開催しました!

 佐賀県で開催される第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)自然科学部門に向けた「第11回生徒自然科学部会」を4月28日(日)に佐賀西高校で開催しました。

円になり話し合いをしている2期実行委員
 最初に、全国高総文祭2日目(7月28日(日))に行う巡検研修について話し合いました。巡検研修では、佐賀県内の自然・科学・歴史・文化にかかわる場所・施設で研修を行います。その研修場所に行くまでのバスの中で、研修施設や近隣の地域の自然等について、ガイド役の生徒がバスガイドを行う予定です。そこで、そのバスガイドの原稿作成をどの学校が担当するのか、コースごとに決めました。

話し合いをまとめている生徒
 次に、前回の部会で「平成30年度九州高等学校生徒理科研究発表大会佐賀大会(九州大会、2019さが総文自然科学部門プレ大会)の反省」を行った際に出た反省点の改善案を話し合いました。「救護室を分かりやすい場所に移動させる」、「各会場で行われる発表のスケジュールを受付の場所に貼っておく」など、多くの改善案が出てきました。

黒板に生徒交流会の動きを書いている生徒
 続いて、全国高総文祭で行う生徒交流会の企画について話し合いました。前回、「ディスカッション」と「フェルミ推定」を行うことが決まったので、今回はその内容について話し合いました。九州大会と異なり参加者全員が一か所に集まって行うため、参加人数が倍以上に増え運営も大変になると思いますが、実行・運営委員で力を合わせて大会を成功させるために頑張りましょう!

 最後に、6月29日(土)に鹿島市のガタリンピックの会場で行う予定のプレ巡検について話し合いました。このプレ巡検では、佐賀県内の自然科学系部活動に所属する生徒に参加してもらい、総文祭に向けての研修や、干潟体験を行います。

 研修では、全国高総文祭の概要説明や係分担、生徒交流会のリハーサルを行う予定です。佐賀県内の科学部の部員さんは、ぜひご参加くださいね。次の生徒自然科学部会は5月26日(日)に行います。

【PDF版はこちら あさぎちゃんDiary_NO.19】(別ウインドウが開きます)

ピックアップ

オフィシャルバナー

オフィシャルバナー

「2019 さが総文」へリンクいただける場合は、サイトポリシーをご覧のうえ、サイトポリシーの「2019 さが総文オフィシャルバナー一覧」をお使いください。

このページをシェアする!

googleplus
LINE

このページをシェアする!

このページをシェアする!

googleplus
LINE

MENU