さが総文に向けた発表生徒研修会を行いました!

 6月2日(土)に、佐賀西高校で第43回全国高等学校総合文化祭(2019 さが総文)自然科学部門に向けた「発表生徒研修会」を行いました。

発表生徒研修会の全体の様子

 今回は全国高総文祭自然科学部門で佐賀県代表として研究発表(口頭・ポスター)を行う学校の生徒が集まり、発表部門ごとに実際に発表を行いました。それぞれの研究が県大会や九州大会で発表されていたものから、さらにより良いものへと改善されていました。

 発表が終わった後は、生徒同士で質疑応答を行い、講師の方や顧問の先生方から質問やアドバイスをいただきました。この研修会を通して、発表の仕方やスライドの見せ方など、新たな発見もあり、とても有意義な研修会になりました。

ポスター発表をさし棒を使い発表している生徒

発表の後、先生方からの質問に答えている生徒

 司会進行は生徒実行委員会が担当しました。司会原稿に合わせて計時やベルを鳴らしました。全国から参加される生徒さんをお迎えするにあたり、よいトレーニングができました。当日も頑張ります!
 全国高総文祭まで残り2ヵ月を切り、いよいよ目前まで迫ってきました。今回参加された皆さんも、発表を改善したり、練習を繰り返したりして、より良い発表ができるように頑張ってくださいね!

ピックアップ

オフィシャルバナー

オフィシャルバナー

「2019 さが総文」へリンクいただける場合は、サイトポリシーをご覧のうえ、サイトポリシーの「2019 さが総文オフィシャルバナー一覧」をお使いください。

このページをシェアする!

googleplus
LINE

このページをシェアする!

このページをシェアする!

googleplus
LINE

MENU