2019さが総文特別展「小城市立中林梧竹記念館所蔵 中林梧竹~受け継がれる書の心~」展 開幕!

 2019さが総文書道部門の開催に先駆けて、特別展が始まりました!

会場には小城市立中林梧竹記念館に所蔵されている梧竹さんの作品や愛用品が49点展示されています。

 幼き日(15歳)の梧竹さんが書いた手習いの書や幅広く書体を学んだ様子がうかがえる書の数々、現代的な古代文字の小作品や圧巻の大作まで展示してあります。梧竹さんがいかに書を楽しみ、書を愛したかが伝わってくるような会場の雰囲気です。

今回は会場の様子を少しだけご紹介します。

梧竹展会場入り口

梧竹展入口「天雲閣」

梧竹展壁面①

梧竹展壁面②

 また作品だけではなく、一緒に添えられている「高校生が見る中林梧竹」にもご注目ください。これは梧竹さんの故郷・小城高校の生徒さんによる感想です。その他にも、佐賀の高校生が梧竹作品を鑑賞して感じたことを書き込んだボードや水筆版コーナーなどもあります。

高校生が見る中林梧竹

セレクション4品の生徒感想

水筆板コーナー

 一度来たら、また見に行きたくなる展覧会です。佐賀のみなさんはお早めに!全国のみなさんは29日にお会いしましょう!

会期:7月13日(土)~8月4日(日)

 ※休館日:7月15日(月・祝)・22日(月)

ピックアップ

オフィシャルバナー

オフィシャルバナー

「2019 さが総文」へリンクいただける場合は、サイトポリシーをご覧のうえ、サイトポリシーの「2019 さが総文オフィシャルバナー一覧」をお使いください。

このページをシェアする!

googleplus
LINE

このページをシェアする!

このページをシェアする!

googleplus
LINE

MENU