弁論部門 「あつさ」充満の中 無事終了

厚い雲が立ち込め時折雨も降る天気模様
立っているだけでも汗が噴き出す暑い中
弁士の皆さんが多久の地に舞い降りました。

私も汗をタップタプかきました。

27日は発表の順番を決める抽選会にリハーサル。

そして記念撮影の後に生徒交流会がありました。

28日は開会式の後、基準弁士と44番までの弁士発表がありました。

29日は45から74番までの弁士発表がありました。

審査を待つ間に生徒交流会Ⅱのために飛んでの移動です。。。

そしていよいよさが総文の成績。。。

最優秀賞・文部科学大臣賞は上越高等学校3年の宮澤崇紘さん

「まちづくりの第一歩」でした。

優秀賞・文化庁長官賞は宇都宮短期大学附属高等学校3年の阿賀愛紗さん

「ASANTEの両側」でした。

3位から7位までの優秀賞は以下の通りです。

優秀賞・3位は長崎県立長崎南高等学校3年の山口文野さん「埋もれずに生きる」

優秀賞・4位は沖縄県立美里高等学校3年の為我井愛未さん「『なれ』の怖さ」

優秀賞・5位は済美平成中等教育学校5年の鍵山美玖さん「成功を掴むとっておきの方法」

優秀賞・6位は北杜市立甲陵高等学校2年の浅川咲来さん「壊す手・守る手」

優秀賞・7位は鹿児島玉龍高等学校3年の兼井舞音さん「70億羽のハチドリを目指して」

8位から15位までの優良賞は以下の通りです。

優良賞・8位は旭川実業高等学校3年の工藤美瑞姫さん「三十一センチの想い」

優良賞・9位は千葉敬愛高等学校3年の小原歩佳さん「NOと言わない私の生きる道」

優良賞・10位は宮崎県立宮崎西高等学校3年の谷口日奈子さん「17歳で気づいた幸せ」

優良賞・11位は長崎県立波佐見高等学校3年の佐伯悠吾さん「障碍者であって、障害者ではない」

優良賞・12位は富山国際大学付属高等学校2年の松田穂乃佳さん「分かち合う心で」

優良賞・13位は新潟県立燕中等教育学校6年の小川桃香さん「事実は現場にある」

優良賞・14位は旭川藤星高等学校3年の森田美椿さん「時代」

優良賞・15位は石川県立穴水高等学校3年の新谷杏理沙さん「我々はどこから来たのか、我々はどこへ行くのか?」

入賞を逃した弁士の発表も素晴らしく、伝わってくるものがありました。

 機会があればまた挑戦してほしいと思います。

これを見ている人もぜひ挑戦してください。

弁論には多くの気づきや出会いがあると感じました。

来年は高知県。

あさぎは飛んでいこうかな。。。

運営の皆さんもお疲れさまでした。

この経験をこれからの糧にしてほしいと思います。

ではまた。。。

ピックアップ

オフィシャルバナー

オフィシャルバナー

「2019 さが総文」へリンクいただける場合は、サイトポリシーをご覧のうえ、サイトポリシーの「2019 さが総文オフィシャルバナー一覧」をお使いください。

このページをシェアする!

googleplus
LINE

このページをシェアする!

このページをシェアする!

googleplus
LINE

MENU