器楽・管弦楽部門開催までの準備の裏側をお見せします!

 6月1日(土)に、伊万里高校体育館で2019さが総文器楽・管弦楽部門事前説明会を開催しました。大会を運営する部門運営スタッフ(おもに県内北・西部の吹奏楽部)一同が揃いました。昨年のプレ大会では係ごとの連携がうまくとれずに失敗の連続だったので、先生方と相談して事前説明会をすることにしたのです。

 全体会では生徒部会メンバーが自己紹介し、宮城や長野の高総文祭の様子を映像で共有して、佐賀県には無い器楽・管弦楽部門のイメージ作りから始めました。

全体会の様子

 その後、これまで先生方に相談しながら生徒部会の意見を反映させた運営マニュアルや各班・係ごとの動き方を確認し合いました。

係りごとの説明

 全員で大会を成功させるためにがんばるぞ!と意気込んで終わりましたが、新たな課題も出てきて不安は募るばかりでした。

 そして、7月22日(日)には運営協力も含めた全スタッフが揃い、佐賀市文化会館で2019さが総文器楽・管弦楽部門大会のリハーサルを行いました。

 大会当日と同じように集合場所からバスで移動(約1時間かかります)するのも立派なリハーサルです。本当は、大会前日の7月27日(土)にリハーサルをしたかったのですが、会場では総合開会式が開催されているので前日リハはできません。

22日のリハの様子

 本番まで日程が空きますが、最後のリハーサルでは先生方に意見を求めながら、生徒器楽・管弦楽部会委員やスタッフの生徒全員が協力しあい、本大会がより良くなるように細かい所まで突き詰めていきました。

22日リハの様子2

 この大会に参加する皆様が今まで練習してきた成果を存分に発揮できるように、そして、来場される皆様に本大会を楽しんで頂けるように委員一同精一杯頑張って本番を迎えました!

ピックアップ

オフィシャルバナー

オフィシャルバナー

「2019 さが総文」へリンクいただける場合は、サイトポリシーをご覧のうえ、サイトポリシーの「2019 さが総文オフィシャルバナー一覧」をお使いください。

このページをシェアする!

googleplus
LINE

このページをシェアする!

このページをシェアする!

googleplus
LINE

MENU