第4回佐賀県実行委員会を開催しました

 2月3日(月)、佐賀市のホテルグランデはがくれで、第4回佐賀県実行委員会を開催しました。

会場には、昨年夏の総合開会式やパレード、部門大会の写真パネルをはじめ、生徒実行委員会の企画「はばたけ!ミライの担い手プロジェクト」で作成した県内市や町、開催部門のパネル、大会までに使用した各種プログラムや広報物が展示され、大きな盛り上がりを見せた大会当時を振り返ることができました。さらに、佐賀県高等学校文化連盟が新しく作成した、ご協力に対する感謝の気持ちと、こうち総文へのエールが記された横断幕も掲げられました。


(大会会長・落合教育長の挨拶)


(展示された大会の写真パネルとたくさんの広報グッズ)


(受付ではあさぎちゃんとコラボが実現したゾンビランドサガの紺野純子ちゃんのパネルがお出迎え)


(はばたけ!ミライの担い手プロジェクトのパネルもすべて展示しました)


(ご協力の御礼とこうち総文へのエールを込めた横断幕)

 会議では、大会報告をはじめ、本年度の決算見込や実行委員会の3月末日での解散が審議され無事に承認されました。

 また、大会まで多くの皆さまに可愛がっていただいた大会マスコットキャラクターのあさぎちゃんをはじめとする2019さが総文の広報物等が佐賀県高等学校文化連盟に管理の移譲を行うことが報告されました。来年度以降も、佐賀の高校生の文化芸術活動をあさぎちゃんが応援していくことでしょう。

 最後に、2019さが総文を振り返る映像を視聴したあと、当時の生徒実行委員会で委員長だった佐藤雄貴さん(佐賀清和高等学校)、副委員長を務めた山下敦子さん(佐賀北高等学校)、中村怜奈さん(武雄高等学校)から会場の委員の皆さんに御礼の挨拶がありました。それぞれが「高校生の持つパワーを実感することができた」「よい大会だったと声をかけていただいたことで、努力が実を結んだと実感できた」「自分の成長を感じることができ、将来のビジョンが開けた」など感謝の気持ちを述べてくれました。




(約2年間、生徒実行委員を先導してくれた3人から御礼の挨拶)

 2019さが総文が閉幕して早いもので半年が過ぎようとしています。佐賀の高校生、全国から来県されたみなさまと大きな思い出を創り、未来に向けた「志」を引き継ぐことができた貴重な夏を忘れないでください。開催に至るまでのご協力、本当にありがとうございました。

問い合わせ

第43回全国高等学校総合文化祭
佐賀県実行委員会事務局
(佐賀県教育庁学校教育課
全国高総文祭推進室内)


〒840-8570 佐賀市城内1丁目1番59号
電話:0952-25-7462
ファックス:0952-25-7067

ピックアップ

オフィシャルバナー

オフィシャルバナー

「2019 さが総文」へリンクいただける場合は、サイトポリシーをご覧のうえ、サイトポリシーの「2019 さが総文オフィシャルバナー一覧」をお使いください。

このページをシェアする!

googleplus
LINE

このページをシェアする!

このページをシェアする!

googleplus
LINE

MENU